RailsのAsset Pipelineを試してみる

Aiming study#6pdfこちらのスライドを見て、そうかRailsを使わなくてもAsset Pipelineを使うのはありだなーと思ったので、試してみました。

Rails3.1のAsset Pipelineと仲良くなる – a newcomer!
ASCIIcasts – “Episode 279 – Asset Pipelineを理解する”
アセットパイプライン(Asset Pipeline)in Ruby on Rails|シフルIT
ここを読んでだいたい理解した。

つまり、アセット系のファイルをconcatして、minifyしてくれると。

つい最近書いたCoffeeScript・Sassをgruntでコンパイルするこれと同等のことをRailsのAsset Pipelineを使ってやってみました。
Rails3.1からの機能のようですが、現時点で入れると「Rails 3.2.8」が入るので大丈夫ですね。

gem install rails

application.jsファイルを見ると分かるのですが、jquery・jquery_ujs・その他のすべてのJavaScriptファイルをひとつのapplication.jsにまとめるようです。
そこでためしに、application.jsではなく、その他にもうひとつJavaScriptファイルを作るようにしてみました。

JavaScript – CoffeeScript

ファイルの配置。

assets/javascripts
├── application.js
├── foo.coffee
├── hoge.js.coffee
└── index.js

index.jsがapplication.jsと同じ役割。
中身は以下。
重要なのは、一番下の3行。

// This is a manifest file that'll be compiled into application.js, which will include all the files
// listed below.
//
// Any JavaScript/Coffee file within this directory, lib/assets/javascripts, vendor/assets/javascripts,
// or vendor/assets/javascripts of plugins, if any, can be referenced here using a relative path.
//
// It's not advisable to add code directly here, but if you do, it'll appear at the bottom of the
// the compiled file.
//
// WARNING: THE FIRST BLANK LINE MARKS THE END OF WHAT'S TO BE PROCESSED, ANY BLANK LINE SHOULD
// GO AFTER THE REQUIRES BELOW.
//
//= require_self
//= require hoge
//= require foo

require_selfは自分自身を指しています。
あとは、個別に2個のファイルを指定、.jsは省略可能。

CSS – SCSS

同じようにCSSファイルも。

assets/stylesheets/
├── application.css
├── index.css
└── style.css.scss

index.cssがapplication.cssと同じ役割。
中身は以下。

/*
 * This is a manifest file that'll be compiled into application.css, which will include all the files
 * listed below.
 *
 * Any CSS and SCSS file within this directory, lib/assets/stylesheets, vendor/assets/stylesheets,
 * or vendor/assets/stylesheets of plugins, if any, can be referenced here using a relative path.
 *
 * You're free to add application-wide styles to this file and they'll appear at the top of the
 * compiled file, but it's generally better to create a new file per style scope.
 *
 *= require style
 */

production.rbにindex.jsとindex.cssを追加する

config/environments/production.rb」に以下のように個別でコンパイルしたいファイルを追加する。

  # Precompile additional assets (application.js, application.css, and all non-JS/CSS are already added)
  config.assets.precompile += %w( index.js index.css )

コンパイルする

rake assets:precompile

上記のようにrakeすると、「public/assets」配下に出来上がる。

assets/
├── application.css
├── application.css.gz
├── application.js
├── application.js.gz
├── index.css
├── index.css.gz
├── index.js
├── index.js.gz

こんな感じになる、余計なファイルは省略しています。

gruntでコンパイルするのもいいけど、こうゆうのもありですね。

Ruby on Rails 3 ポケットリファレンス
山田 祥寛
技術評論社
売り上げランキング: 73001